副業として不動産投資(中古アパート経営)をおこなっています。

現在サラリーマンで、副業として不動産投資(中古アパート経営)をおこなっています。
経緯とすれば10年以上ほど前に、中古アパートを2棟を土地付きで購入し、トータル3000万円程で、当時銀行から3000万円ほどの融資を受けて、現在の借金は1000万円を割ったところになります。
この投資の目的はやはり老後資金と、将来のゆとり生活が一番のメインとして始めた副業となります。

まず、中古アパート経営を副業としてのメリットは、
・入居者が現在も入居中の状態でアパートの購入をおこなうので、家賃は最初から収入として計算できる事。
これが新築の場合は、一から募集をかけて、満室になるまではそれなりの時間を要することを考慮すると、当初から
利益が見込めます。
・ワンルームマンション1室、戸建て1戸購入と比較すると、入居者が退出しても部屋数が複数あるため、その他入居者から
の家賃収入は見込めるため、突然0にはならない。
・不動産を購入する際、地域によって濃淡はあるが新築と比較しても購入金額は安い。
この副業をおこなうにあたりやはり500万円程の頭金準備は必要だが、銀行からフルローンなどする必要性は低くリスク
は新築購入と比較してもが低減できる。
・一番のポイントは、ローンを返却しながら、利益が出ること。
私の場合は、固定資産税、火災保険、各月の突然のアパート修理代を差引いても、月15万円程(※純利益約30万円程)は
楽に出てます。

上記を考慮しても、中古アポート経営サービスを利用するにあたり、借金を返済しながら、且つ利益も出ているというのは、副業サービスの中でもかなりおすすめだと思います。

逆に注意点ですが、こういった副業を展開する場合、かなりの頭金が必要だし、銀行などでローンを組まないといけないケースは常となります。
過去にあった話でスルガ銀行問題というものがありました。「さんため業者」と組んで、毎月の返済から完済する能力がない人に対し多額の融資をおこない大きな借金を抱える方が多くいらっしゃいました。
この件は、詐欺としか言いようがない問題がありますが、ネット上でも調べて頂ければ、口コミなどでも大きく掲載されています。こういった業者も数多く存在しているのも事実ですので、アパートもしくは、マンション、一戸建てでも必ず業者を調べてから、この手の副業はおこなってください。

また参考までに、こういった副業で専門的な知識も当然必要ではありますが、管理会社が一元管理でのサービスも今は出来ます。なので基本的には全てお任せ出来るという観点からして、副業(不労所得として)として評価できるポイントになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です