スマホを使用しての在宅コールセンター

スマホを使用しての在宅で可能な副業に在宅コールセンターと言うお仕事があります。これは2020年以前から普及の兆しがある働き方で、コールセンターの業務を委託と言う形で在宅で行う仕事です。これはスマートフォンを内線化するアプリ、MOT/Phoneをスマートフォンにインストールし、電話回線を固定化し内線化することで在宅コールセンターとしてスマホを機能させお仕事をする事を指します。

アプリが機能をしていて業務をこなした回数で報酬が支払われるという仕組みを採用しているため、アプリが動作していない場合は、スマートフォンは在宅コールセンターとして機能していないため、電話がかかってくることも無く、報酬も支払われないため、アプリを起動し働いた分だけ報酬が支払われるというような仕組みです。

この他にも、様々なアプリを導入してスマホを利用して在宅でコールセンターの業務を行っている間は報酬が支払われるというのがこの在宅コールセンターのお仕事になりますが、多くの会社の報酬の支払われ方は、電話を受けた回数で報酬額が決まるという制度です。回数さえこなすことが可能であれば時給で2000円以上の報酬が見込まれるという点が特徴になります。

なお、大企業で、通信販売業務を行っている会社においてはスマホを利用してのコールセンター業務と言う物は行っておらず、パソコンを使用しての固定電話と言う形でコールセンター業務を担います。その理由ですが、スマートフォンの場合、文字を打ち出したり、調べ物をする場合において電話機能を利用している際に、アプリを中断し調べ物を行うという複数のことを行えないため、大きな通信販売業務を担う会社ではコールセンター業務はスマホで行わないのです。

ですので、スマホを利用してのコールセンター業務はあくまで通話を主として、マニュアルに従いながら業務を遂行していく形になります。次に、特別なスキルが必要であるかどうかですが、特別なスキルは必要ではなく、電話を受け答えして、電話をしてきた人物に対して質問や問題解決に向けての手段を提示することを主な業務としており、そうした会話についてはマニュアルに従いますので、特別必要なスキルと言う物はスマホを利用してのコールセンター業務の場合は存在しないです。

特別なスキルが求められる物は、在宅でかつパソコンを主としてコールセンターを行う物でこちらの場合、通信販売業務場合は返品作業など流通に関する知識が必要となり、試験に合格した物を採用する手法なので、スマホのコールセンター業務よりも難しい分、お給料は良いという違いがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です