ライフプランにおける投資

人生80年時代で100年時代と言われるようになり、健康を大事にするとともに生活資金の確保が非常に大きな問題だと言われるようになりました。
もちろん、生涯収入に大きな差が出るように定年後の生活資金についても大きな差が出ます。その差が出るのが投資です。生涯賃金が少なくとも老後の資金については投資の成果で多く確保できている方々もいるはずです。
しかしながら、大学生、または大学を卒業してすぐに老後の資金や投資について考える方々はいません。実際には自分自身のライフプランを見直してみて、どこから投資をすべきか、運用を考えるべきかと言った流れになるからです。もちろん、自分自身の生活に余裕がないときに投資をどうするか運用どうするかといった話を検討するのは難しいことかもしれません。
しかしながら、早め早めでライフプラン、マネープランをシミュレーションしておかないと結局はプランするにも選択肢の幅が狭まってしまうからです。
だからこそ、自分自身の人生の節目節目で今後どのようなライフプランを描き、マネープランを描くのかときには客観的な見方を行いながら、シミュレーションしていくことが長期的に見た場合の成功に結びつくのです。